2010年08月17日

夏の夜のミニピン怪談・その4 by仮父

小夏は平成20年の12月1日に17歳で亡くなりました。
12月1日…これって仮父の亡父の祥月命日なんですよね〜。

亡父は晩年の16年間、家で辛い闘病生活を送りました。
小夏の存在で、どれほど癒されたか知れません。
小夏は頑固で、気が強く、それは強烈な犬でしたが、
寝たきりの父にだけは、何故か従順で優しかったのです。
父の祥月命日に逝った小夏…これ、偶然ですか?

更に…
仮父は10年程前の12月1日、現在の仕事を始めました。
その仕事関係で新人賞を頂いたのが12月1日だったんです。
ま、仮父にしてみれば人生の転機でしたからね…ウムウム。

小夏の奴…「ど〜せ死ぬなら、12月1日にしよう!」と
狙っていたよ〜な気がします…ホント、そういう奴でしたから。

0817konatu.jpg
      仮父の腕枕で眠る小夏。

タグ:小夏 怪談
ニックネーム 大仏2号 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニピン怪談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2261664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック