2010年08月18日

夏の夜のミニピン怪談・その5 by仮父

まあまあ…小夏とは、そんな不思議犬でした。
勿論、4回に渡り書いた内容は全て「マジ」です。
 「オラ、嘘言ってね〜ですだ〜!」の世界。

最終回の今日は、別に怪談では御座いません。
小夏の死後、仮父が見た「夢」のお話です。

日頃、不信心&自堕落な人生を送る仮父ですが…
小夏が12月1日に亡くなって以降、
遺骨に向かってお線香を焚き、
 「成仏しろよ〜、お前は強烈だから迷うと怖いしさ〜」
と毎日合掌していたのです。

ある晩、夢を見ました。
仮父が門を出ると、坂の下に小夏が立っています。
「小夏!」と呼ぶと、走って来て足元に蹲りました。
仮父は小夏を抱き抱え、家に走りました。
 「おい、嫁〜ッ!小夏が帰って来たド〜!」と。
もう嬉しくって、嬉しくって!
夢の中では、多分ガチで泣いていたと思います。
ところが、門を入ってすぐの柘植の植込みの所で、
腕の中の小夏はスウ〜ッと消えてしまったのです。
…夢は覚めました。

カレンダーを見ると3月10日…死後100日目かよ…。

仮父は夢で見た植込みに遺骨を埋める事にしました。
柘植を引っこ抜き、土を盛り、芝桜を植え、
手ごろな石を幾つか運んで来て遺骨を埋葬しました。

それが、現在クピがチッコをかけている小夏墓苑です。

クピ「そ、そういう経緯は、早く言ってよね〜」
仮父「言わなかったっけ?」
クピ「初めて聞いた〜もう、怖い〜私、祟られない?」
小夏「もう手遅れじゃ〜既に祟っておるわ〜!」
クピ「キャ〜!ごめんなさ〜い!」
    と逃げて行くクピィ。
仮父「これ小夏、クピをビビらすんじゃない!」
小夏「エヘヘ、ま、いいじゃない…私、幽霊なんだし」

0818boen.jpg
      小夏墓苑とクピィ。


タグ:小夏 怪談
ニックネーム 大仏2号 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニピン怪談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2262861
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック