2011年01月12日

クロスケ、こたつ犬になる。

ミニピンのクロスケ(旧・梅丸)のご家族から
年賀状をいただきました。
写真はお兄ちゃんとクロスケです。

kurosuke03.jpg

おおークロスケ、一段と男前になったなぁ。
お顔がお兄ちゃんに似てきたかも。

クロスケは一日中布を被って寝てる「ハンカチ王子」だったのですが
最近は「こたつ犬」になったそうです。
コタツの中でノビノビリラックスですって。

kotatuinu02.jpg
        コタツ犬想像図 by仮母

ウチにもコタツとコタツ犬ほしいなー。


タグ:こたつ 梅丸
ニックネーム 大仏2号 at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 梅丸日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

悲しいこと、うれしいこと

今日は悲しい事がありました。
チワワの大ちゃんが救出された現場で
残っていた犬たちのうち
11匹が別の繁殖業者の手に渡ってしまったのです。

11月5日
NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会 活動ニュース


ああ、なんとういこと!
みんな脱出できると思ってたのに・・・
残りの犬たち(11匹)が行き先を見つけられますように。


うれしい事もありました。

ミニピンのクロ輔くん(旧:梅丸)の飼い主さんからお手紙をいただきました。
クロ輔くんはお兄ちゃんと散歩するのがとても嬉しいのだそうです。
お兄ちゃんもクロ輔君と楽しく散歩してくれたそうです。
ご家族みんながクロ輔君を大事にされている様子がお手紙にありました。

1105kuro.jpg
   お兄ちゃんと散歩するクロ輔くん。「ヒャッホー」

トライアル当時は、
あまり躾が出来てなくて申し訳なかったです。
唯一、散歩だけは完璧(最初は全くダメ)。
お手紙を拝読して
「散歩だけでも出来るようにしてて良かったぁ」
と仮父と泣きました〜。

クロ輔君は、4匹の親兄弟犬とともに
ブリーダーが保健所に捨てたミニピンです。
もしかすると、
チワワの大ちゃんの現場と同じような所に居たのかもしれません。

でもクロ輔君は、新しい家族を見つけることが出来たんです。
クピィもそうでした。
保護犬はケアすると、とっても良い犬になります。
犬を飼いたい方、保護犬をぜひご検討ください。

仮父母とクピィが応援するから、
大ちゃんも新しい家族を見つけようね!


ニックネーム 大仏2号 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅丸日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

祝!譲渡決定!   by仮父

「観念するか逃亡するかは
  犬にとって人生の賭けである。
    クロ輔は自ら賭け、そして勝ったのだ!
       輩(ともがら)よ、若き人よ、
         今朝、クロ輔の門出を祝おう!」

ヨハン・ウルフガング・フォン・ゲーテ
   「ウイリアム・マイスターの修行時代」より。

(嘘八百です。ゲーテ好きの方、ゴメンちゃい)


クピ「クロ、譲渡決定…オメッ!」
嫁「クロ、頑張るのよ〜!幸せになってね〜!」
仮父「逃亡するなよ〜!健康&長寿でな〜!」

小夏「フン、ラテン系は大丈夫よ…
     アンタ等3人組と違って、明るいもん」

仮父・嫁・クピ「どうせ…私たちはネクラです」

0904kinen.jpg
   出発の日の記念撮影。クロ輔、かわいい顔してました。


ニックネーム 大仏2号 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅丸日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

仕事しろよ〜…俺。by仮父

ふ〜う…嫁とクピが夕方の散歩に出ました。
静寂の仮父家。
琥珀色の時間…う〜む、アダルトだ!
本当は、この時間こそ仕事に集中すべきなのですが…
何故かブログを書いちゃってます。

そもそも仮父家は異常です。
仮父の仕事が絶体絶命になればなるほど、
嫁とクピでワーワーギャーギャー足を引っ張ります。

誰のお陰で無添加DFを食べられると思ってるンだ?

クピ「え〜、アタシ、犬だから分かんな〜い」
嫁「え〜、アタシも犬だから分かんな〜い」




仮父「これ…犬に混ざって誤魔化すな」







ニックネーム 大仏2号 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅丸日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

残されたモノ達・2 by仮父

クピ「オト〜サン、一緒に行かないの?」
仮父「忙しいんだ…オカ〜サンと行っといで」
クピ「は〜い…」
  ドタドタドタと階段を降りて行く足音。

クピは嫁と散歩に出ました。
仮父は仕事です。
束の間の静寂…さあ、仕事、仕事!

でも…瞼に浮かんで来るのはクロ輔の可愛い笑顔。
「ヘヘヘ…仮父〜、元気〜?」

聴こえてくるのはクピの声。
「オト〜サ〜ン!」

仮父の心は犬たちに乗っ取られているのでしょうか。
「オト〜サ〜ン!」
ほら、また空耳が…
クピ「オト〜サン、たらッ!」
仮父「あ、何だリアルか…お帰り、散歩ど〜だった?」


で、またまたクピ三昧の日常が始まるのです。
ニックネーム 大仏2号 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅丸日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする